1. 個性豊かな子どもたちがたくましく生きる力を育てたい
    かすたねっとの想い
  2. 私たちの考える
    子どもたちが
    あたりまえに暮らす環境とは

    地域の中に保育所、幼稚園、学校があり、みんなで学び、みんなで泣き、みんなで笑う。
    それが子どもたちの社会であり、学ぶべき場でなければいけない。
    そして、先生と連携しながら、苦手さを持つ子どもたちも共に学べる環境を作っていく。
    それこそが私たち療育者がなすべきことである。
    治療療育とは、そのための基本的な力を育み、保育所、幼稚園、学校の場でその力を般化させなければ意味がないとも言える。

  3. かすたねっと理念

    個性豊かな子どもたちがたくましく生きる力を育てたい・・・
    子どもたちが夢を持てる・・・
    子どもたちが希望をもてる・・・
    子どもたちが安心して暮らせる・・・
    そんな未来を・・・

  4. 指導理念

    わたしたちは、子どもたちと共に「楽しみ・歓び・感動」します。子どもたちに夢をもつことの素晴らしさを知ってもらうために、まず、私たちが夢を持ち、笑顔を大切にします。

  5. 安心の療育を行うための7つの具体的方針

    身体作り ・・・ 土台作り
    心作り ・・・ 質的な関わり
    発達の階段 ・・・ 段数・高さの調節
    学びの循環 ・・・ 成功のスパイラル
    子どもの頑張り ・・・ 何を褒めるかが大切
    子どもに遠慮しない ・・・ 子どものことを考えた行動
    環境設定(調整) ・・・ ひとも環境の一つ。過ごしやすい環境だけでなく
    チャレンジするための環境が大切
WEBSITE